名古屋ならではの嫁入りに対する考え方

名古屋の結婚式場はホテルが人気です

名古屋といえば、昔から派手な結婚式を行うことで有名です。名古屋では派手な結婚式を行うために結婚式自体に費用をかけるのが当然という考えは根強く、今は結婚式を行わないというカップルも多い中、今でも花嫁が嫁ぐ家では自宅の屋根から嫁菓子を撒いたり、花嫁衣裳を自宅から着用して結婚式場や新郎の自宅まで行ったりするというような習慣があります。
そして結婚式についても派手な演出や衣装や料理や引き出物まで、何かと豪華な内容にすることも多いです。そして名古屋には都心部を中心にして多くの高級ホテルがありますが、特に高級ホテルの結婚式場はブランドネームがある分豪華な結婚式ができそうだというイメージがあり、将来はホテルに併設された結婚式場で式を挙げたいと結婚前から夢を抱いている人が多くいます。
そのようなこともあってか、実際に結婚式を挙げることになった場合には名古屋では結婚式場を市内の高級ホテルにするという人が多いです。名古屋の高級ホテルの結婚式のプランについては、派手な名古屋の結婚式に合わせて多くの出席者がいる場合にも対応できるような大きな宴会場を設けていたり、数メートルもの高さのウエディングケーキを用意するなどして顧客のニーズに合わせられるようにしています。

名古屋の嫁入りに関する考え方

名古屋の結婚式場といえばとても豪華なことで有名です。名古屋の方は見栄っ張りな方が多く、名古屋で娘が三人いたら家が傾くなんて言葉がよく使われていました。いかに華やかな結婚式場で送り出すかが名古屋の嫁の親にはとても重要なポイントなのです。名古屋の結婚式にはその考え方が色濃く反映していると言われています。名古屋では昔から、結婚式当日に新婦が結婚式場に出発する前に、家の二階などから枕位の大きさのお菓子の袋詰めを大量にばら撒くという風習があります。
この習慣を菓子まきと言い、これを目当てに近所の人達がたくさん集まり、賑やかに新婦を送り出します。この風習は時代の変化と共に変化してきていて、最近では結婚式の余興として菓子まきをすることが多くなってきました。厳かに行われる結婚式とは対照的に、新郎新婦と参列者が一体となれるこの余興は大変盛り上がります。
また、名古屋の嫁入りで大変重要なことの一つに嫁入り道具があります。どれだけ豪華な家具を用意できるかは、名古屋の嫁の親にとっては大変重要なことなのです。嫁入りの為に用意されたたくさんの家具を紅白の帯で結び新居へ向かいます。しかし、家具屋さんから直接新居へ向かうのではなく、一旦家具屋から新婦の家へ持ってきてご近所さんに見せた後新居に運びます。名古屋の方にとって、娘の嫁入りはそれだけ重要な出来事なのです。

カレンダー

2018年6月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリ

ニュース

2017年08月29日
名古屋の最近の結婚式事情を更新。
2017年08月29日
名古屋ならではの嫁入りに対する考え方を更新。
2017年08月29日
ど派手にお金をかける名古屋の結婚式を更新。
2017年08月29日
名古屋の結婚式場の比較方法についてを更新。